Japanese

SECURE ENVIRONMENT 境界セキュリティが突破されても、 デジタル資産を守ります

Issue link: https://resources.irdeto.com/i/935247

Contents of this Issue

Navigation

Page 1 of 2

www.irdeto.com 2 © 2017 Irdeto. All Rights Reserved. FROM THE INSIDE OUT(内部のディープセキュリティ) Secure Environmentは、 ハッカーが境界 セキュリティをすでに突破している状況を前提とした ソリューションであり、多層セキュリティ(In-depth Security)構成により、更なるハッキングを 妨害するものです。 クリティカルなファイルを守り、アプリケーション・ データを保護し、ハッカーによる悪意のあるコードの 追加、実行ファイルやスクリプトの改ざん、リバース エンジニアリングを防止します。 さらにセキュリティが常に更新されることにより、 既存のバッキング知識が無効となり、ハッキング 作業を継続的に妨害します。 サイバーセキュリティの全監査が推奨される 状況において、Secure Environment は 開発段階のシステムにも適用可能です。 M相互連携 Secure Environmentのアンチ・ハッキング 技術は、複数のプロテクション手法が連携して ハッキング攻撃に対抗するため、脆弱性を 利用することは極めて困難となります。 1つの障壁を越えるだけでなく、重層化された 障壁を同時に越える必要があります。 コードの難読化、ファイルの暗号化、 Whitebox Cryptography、インテグリティ・ チェック、更新可能なセキュリティなどの複数の 保護技術が連動することにより、仮にハッカーが 物理アクセスを無制限にできる状況でも、実際の ハッキング作業は非常に困難であるため、 より容易で保護されていないハッキング・ ターゲットにハッカーを誘引します。 Secure Environmentは、停止中および 起動中のモジュールへのリバースエンジニアリングを 極めて困難にします。 図1: Secure Environmentに含まれる複数の 技術が連動・強化し合い、ハッキング攻撃を 極めて困難にします。 整合性チェック デバッガーの無力化 更新可能なセキュリティ コードの難読化 セキュリティ・テレメトリー Whitebox cryptography ファイルの暗号化

Articles in this issue

Links on this page

view archives of Japanese - SECURE ENVIRONMENT 境界セキュリティが突破されても、 デジタル資産を守ります