Japanese

データシート: Secure Environment

Issue link: https://resources.irdeto.com/i/935247

Contents of this Issue

Navigation

Page 0 of 1

Last modification: 14-10-2019 / 10:25 am GMT+01:00 www.irdeto.com 1 © 2019 Irdeto. All Rights Reserved. データシート 車両内ネットワーク ソフトウェアとデータ コネクティビティ 機械学習ベースの行動検知とリスク緩和 ルールベースの脅威検知とリスク緩和 Secure Environmentはソフトウェアベースのサイバーセキュリ ティソリューションです。コネクティッドECUに実装し、多層防御 により脅威を検知・緩和します。ソフトウェアやデータの保護だけ でなく、CAN、CAN-FD、車載イーサネットの無効なメッセージを 停止、さらに不要な外部データの侵入や流出を阻止します。 これにより、意図した通りに車両を運用することが可能になり ます。 チャレンジ コネックテッド車両の普及に伴い、サイバー攻撃の件数は急増し ています。周辺セキュリティの強化は初期の取り組みとして効果が 期待されるものの、不十分であることは否めません。最も安全な アプローチは車両内における多層防御であると、専門家たちも認 めています。 また大半の車両に脆弱性があるにもかかわらず、実際には動作へ の影響が発覚するまで気づかれません。これらは金銭目的のハッ カーによる不適切な操作や不正侵入行為なのです。 知的財産の盗難、過度の保証請求、リコール、法的措置、罰金など により、企業の信用や財政上の損失が起こり得る可能性が潜んで います。 なぜSECURE ENVIRONMENTによる多層防御が 必要なのか? • ルールベース処理を使い、既知の脅威からシステムを保護す るだけでなく、機械学習ベースのプロテクションによりゼロデ イ脅威にも対応します。 • 階層プロテクション:車載ソフトウェアとデータ、車両内ネッ トワーク、そしてコネクティビティレイヤー。 • ポリシーベースの設定および制御は、OEMのセキュアオペレ ーションセンター(SOC)で管理。 • 安全なOTAアップデートにより、日常の車両オペレーション を保証。 • ソフトウェアのみでソリューションを実現:追加のハードウェ アは不要。 • 実績あるセキュリティソリューションにより、OEMを差別化 し、競争市場での優位性を確立。 SECURE ENVIRONMENT コネクテッド車両のオペレーション操作を意図した通りに

Articles in this issue

Links on this page

view archives of Japanese - データシート: Secure Environment