Japanese

Irdeto、米国ケーブル事業者における 20 年間ものベンダーロックインの状態を Keys & Credentials ソリューションによって開放

Issue link: https://resources.irdeto.com/i/782631

Contents of this Issue

Navigation

Page 0 of 1

2頁中の第 1頁 Irdeto、米国ケーブル事業者における 20年間ものベンダーロックインの状態を Keys & Credentialsソリューションによって開放 Irdetoのライセンス鍵権限管理ソリューションにより、事業者は既存 CAS/DRMベンダーからの Lock- inから開放され、プラットフォームを独自にコントロールできるようになる デンバー発 – 2016年 7月 12日 – デジタルプラットフォームセキュリティの分野において世界的な リーダーである Irdetoは、その Keys & Credentialsソリューション(日本で広く認識されている OMS の License Authorityサービス)について大きな成果をあげた旨、発表しました。このソリューショ ンは、現在米国およびカナダにおけるトップクラスのケーブル事業者が広範に採用しています。 Irdetoは、1,600万台を超える次世代 Set-top-box(STBs)を保護し、Keyを管理してかけています。過 去1年間に出荷が倍増したことは、事業者がプラットフォームの寿命の全期間にわたりその選択した 技術をコントロールするとともに、配備済のハードウエアのプラットフォームにおいて新しいサービ スを使えるように迅速に設定することを切望していることを示すものです。 Irdetoは、これらの配備に加え、初めて欧州の Tier 1のケーブルカスタマーを Keys & Credentialsの 顧客として確保しており、次世代 Set-top-boxの配備を今秋から開始する予定となっています。Irdeto は、これまでに 25を超える異なるモデルの次世代 Set-top-boxのに Keyを管理するかけるととも に、現場に配備済の次世代 Set-top-boxに 2,200万を超えるアップデートを提供しました。ケーブル の事業者は、Set-top-boxの中のセキュリティ Keyの全てを管理し、使えるように設定することを Irdetoに委任することにより、複雑かつ費用のかかる重い負担を回避するとともに、初めて、セキュ リティソリューションの選択、および対象のプラットフォームの寿命が続くかぎり配備済の Device への新しいサービスの付加において、完全なコントロールと独立性を持つことができます。こうした 形で、将来に何が起きようとも比類のないほどの敏捷な対応性を備えるとともに、新しいサービスを 開始する場合に市場投入までの時間を著しく短縮するこが可能となります。 「何処のプラットフォームの事業者も革新的な製品および機能を選ぶ際には、スピードと選択を切実 に必要とします。新機能がこれまでにない速度で開発されたうえで展開されており、しかもこれらの 新機能を既に現場に配備済の製品に簡単に付加できることが必要です」と Irdetoの CEOを務める Doug Lowtherは述べています。「そのような状況に対処するため、事業者は、Keyおよびセキュリ ティ資産の迅速、即応的、かつ融通性の高い管理を必要とします。事業者は、Irdetoの Keys & Credentialsにより、これまでにない速度で革新を進めるとともに、そのビジネス戦略に最適なソリュ ーションを自由に選択することができるようになります。」

Articles in this issue

Links on this page

view archives of Japanese - Irdeto、米国ケーブル事業者における 20 年間ものベンダーロックインの状態を Keys & Credentials ソリューションによって開放